Sponsored Links

みなさん、お元気ですか?


今日の話題は、
WordPressを使ってブログを立ち上げましたが、デフォルトのままだと他のサイトと比較して
まだまだ使いづらいですね。

カスタマイズしたいのですが、スキル不足のため、自前でコードのコピペもできない状態です。
そこで、PHPも合わせて学習を始めたのですが、ローカル環境でチェックができるように導入にチャレンジ!

ローカル(パソコン)上で、カスタマイズしたWordPressを動かすために、MAMP無償版(Macユーザー向け)をインストール。
今回は、少し長いですが、頑張ってチャレンジしてください。

初心者の方は、理解するところから始めないといけないので、意外と時間かかります。

いろんなブログで、「簡単に設定できる」と、あるんですが・・・・・。

スムーズに進められるよう、気をつける箇所を重点的に、書いていきます。

こちらの記事も、おじさん(超初心者)目線で書いていきます。

導入したい方は、ゆっくり順序よく進めてください。

さっそく、MAMPのインストール

ここでは、→MAMPとは?については、割愛します。以下、参照してみてください。

MAMPのインストール for Mac

ひたすらインストールの手順と超初心者が気をつけること、私が、苦労したことに言及していきます。

それでは、インストールを始めていきましょう。

MAMP公式サイト

公式ページを開く > 無償版(左側fee記載をクリック)

MAMPインストール1

続いて、MAMP&MAMP PRO 4.2 (Mac OS X) 右側 「 ダウンロードボタン 」をクリック

ここで、MAMP PROをクリックですが、無償版ですので、安心してください。

私も、ここでよくわからず、なかなか前に進めなかったですね。



MAMP2

右下、続けるをクリックしてください。

どんどん進みましょう!

MAMP3

「大切な情報」   続けるボタンをクリックしてください。
英語表記ですが、インストールしたフォルダーを移動したり、名前を変更しないでくださいと、書いています。


MAMP4

「使用許諾契約」 ここも日本語表記はないので、そのまま続けるボタンをクリック。
※気になる方は、一旦保存(保存ボタンがあります)し、google翻訳で確認し続行してください。

MAMP5

「インストール先」 そのまま(続ける)ボタンをクリックしてください。

MAMP6

「インストールの種類」 無償版のみ使用するので、左側(カスタマイズ)ボタンをクリックしましょう。

MAMP7

MAMP PROチェックボックスを外しましょう。その後、インストールボタンをクリック。

MAMP8

「インストール完了」1分ほどで、完了しますので、閉じるボタンをクリックで終了です。

MAMP9

Sponsored Links

MAMPコントロール画面から初期設定をしていきましょう

Launchpad(アプリケーション)から、MAMPを起動し、左側設定をクリックしましょう。

MAMP10

Start/Stopタグの設定
Start servers(サーバーを始動)にチェック、Chck for MAMP PROのチェックを外す。間違えないように、下図確認してください。

MAMP11

Ports 「ポートの設定」
デフォルト状態でも問題ないです。

MAMP12

参考までに!
使用するドメイン名をシンプルにしたいので、私は次の設定に変えました。
設定した時点で、ブラウザでURLからアクセスするとき、「http://localhost:8888/」から→「http://localhost/」にできます。

MAMP13

PHP(タグ)の設定

バージョンは、最新がいいようなので、そのままの設定で進めましょう。OKボタンをクリックしてください。



MAMP14

Apacheの設定
データを保存する場所の設定です。
どこにデータを保存しているか確認し、忘れないようメモを取っておきましょう。
/Application/MAMP/htdocs/フォルダ名/ファイル名

MAMP15

さあ、確認しましょう!

  • サーバー起動がON
  • Apacheサーバー&MySQLサーバーがON

下図通りになっていたら、真ん中ボタンの「Open WebStart page」をクリックしましょう。

MAMP16

MySQLの設定

ブラウザからMAMPのサイトに移動したと思います。
phpMySQLのURLをクリックしてください。

MAMP17

構造タブ > テーブル作成 > 名前に、wp_test(任意です)を記入。
ごめんなさい、参照画像の名前欄誤字があります。間違えないようにお願いします。
WordPressを導入する際に、大事な名前なので、十分確認してください。
私は、ここで名前のミスでうまく繋がらず、地団駄踏んでいました。
wp_testのところwordpressの設定で、勘違いし、wp-testと打ち込んで、ミスを発見するのにすごく時間がかかりました。

MAMP19

ここまでで、とりあえず、ひと段落です。
もう一踏ん張りです。頑張りましょう!あと少しです。

WordPressをダウンロードしましょう

→click WordPressをダウンロードしましょう。

MAMP18

ダウンロードし、圧縮ホルダーを解凍したら、WordPressフォルダーが出てきます。

MAMP20

上記で述べた、Apatcheの設定で、メモしてくださいと話ししましたが、ダウンロードした「wordpress」フォルダーを、以下「htdocs」フォルダー直下へ移動保存しましょう。

/Application/MAMP/htdocs/wordpress
次に、ブラウザでアクセスしてみましょう。
  http://localhost:8888/ もしくは    http://localhost/

サイトを確認し、wordpress URLをクリックしてください。
MAMP21

以下の画面から、「さあ、始めましょう!」をクリック。
MAMP22

下図を参考に、して欲しいのですが、一部カットしていますので、さらにその下の図を参照にしてください。
MAMPアプリ管理画面の真ん中ボタンWebStartからサイトへ移り「MySQL」設定で確認ができます。
MAMP23
MANP24

最後に、セキュリティー

以下のファイルで、セキュリティー設定も行なってください。
Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf
詳細は、始めにも引用しましたが、 馬場 誠氏のサイトを参照ください。
下段に、セキュリティー関連記事が掲載されています。

以上で、終了です。
最後まで、閲覧していただきありがとうございます。
これから、ローカルエリアを使って、一緒に頑張っていきましょう。

Sponsored Links